« 安保理の常任理事国と日本外交 | トップページ | 幸福大国、不幸少国、持続可能性 »

2005年6月25日 (土)

日韓関係、歴史、教科書問題

 日韓における歴史観の共通認識はありえない。あると思うのは幻想である。日韓以外の第三者が介在すれば、日韓における歴史観の懸隔は狭めることができる。
 先の日韓首脳会談において、日韓の歴史専門家による共同研究の継続が決まった。そして、その歴史の教科書委員会も設けることになった。そこには、共通認識に基づく歴史的真実があり、それを子供たちに教えるとことが責務であるという誤った考えが日韓ともに存在している。
 日韓研究者の間で共通に認めることができる「過去の出来事」というものはある。しかし、それらの羅列では歴史にならない。歴史であるためには出来事の背後にある「WHY, HOW」の記述が必要となる。この「WHY, HOW」は研究者の履歴・価値観などによって異なる。つまり通常は、歴史観の日韓における共通認識はありえないのである。
 それでも、日韓の歴史観の懸隔を狭めようとするのであれば第三者を共同研究に加えることが有用であろう。ここでいう第三者は、日韓以外の国、例えば西欧やアフリカなどの国の研究者をさす。ただし、植民地帝国の末裔たる西欧の研究者とその被害者の末裔であるアフリカ諸国の研究者では異なる反応をするであろう。韓国の大企業であるサムスンや現代などが国際的に発展していることを考慮して、以下では西欧(アメリカの白人も含む)の研究者を第三者として加えることを想定する。
 共同研究において、日露戦争前後の朝鮮半島を取り巻く状況が研究されるものと仮定しよう。そこに住んでいて半島を実効的に支配していない朝鮮の人々、ロシアの南下、西欧列強の植民地と化していた清、その清と属国のような朝鮮の関係。そして、ロシアの南下を食い止めるために、多大の犠牲を払った日本など。ここで、西欧の研究者は日本と朝鮮に対してどのような評価・反応を示すであろうか。あえて述べる必要はないであろう。このような評価・反応は彼らの歴史観に反映される。この場で、韓国の研究者は「自国の過去のいたらなさ」を自覚するであろう。その自覚を通して日韓の研究者の歴史観の懸隔は狭まるであろう。ついでにいえば、韓国の企業の多くが国際的に発展することを通しても、それだけ西欧人のものの見方に多く接する機会が増えるのであるから、日韓両国民の歴史観の懸隔も狭まるであろう。
 上記で私が暗黙裡に前提としていることは、日本人の歴史観はどちらかというと植民地帝国の末裔的な発想をしており、韓国人は当然ながら被植民地の被害者的な発想をしているということである。私は、両者の歴史観懸隔の最大の理由をここに求めている。もちろん、私は両者の正邪・善悪などは判定していない。ただし、韓国人は日本との政治や経済の交渉において「歴史を武器」として用いていることを強調したいし、非難したい。この点については、過去にあった鉄鋼や半導体技術の日本から韓国への移転の背後を想起されたい。
 歴史的真実が存在するとしても、それを子供たちに教えることは別の問題である。この点については、前述の「武器としての歴史」とともに、私のブログ『歴史、教育、教科書問題』を参照されたい。
 かなり以前に読んだイギリス短編文学全集に『復讐』という自伝的短編がある(題名と内容にやや不正確な面がありうる)。著者A男が子供の頃、同年輩のB男によくいじめられていた。その時、A男は大きくなったら絶対にB男に復讐をしようと誓った。やがて成人し、ある程度の地位を得たA男の前にみすぼらしい1人の男が現れた。A男はこの男が誰だか分からなかったが、本人がB男と名乗った。結論として、著者は子供の頃に誓ったB男への復讐は「記憶の中から抹殺」することによって完全に成就できたという。
 このA男を韓国で、B男を日本とする。韓国が経済的にも技術的にもはるかに日本を追い抜いていれば、おそらく韓国人の被害者意識は今よりもはるかに小さくなっているであろう。場合によっては、忘れているであろう。しかし現実には、日本が経済的にも技術的にも韓国の前をちらちら歩いている状態である。われわれ日本人は、この韓国の人たちの気持ちを思いやる必要がある。
 過去において、われわれはアジアで「いじめっ子」であったことを忘れてはならない。そして、わが国が経済的にも技術的にもアジアの先頭を走っている限りは、「いじめられっ子」であったアジアの人たちの被害者意識や怨念などは決して消え去らないのである。

|

« 安保理の常任理事国と日本外交 | トップページ | 幸福大国、不幸少国、持続可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/4694785

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓関係、歴史、教科書問題:

« 安保理の常任理事国と日本外交 | トップページ | 幸福大国、不幸少国、持続可能性 »