« 流行の予測 | トップページ | 逆引き衆議院選挙 »

2005年8月20日 (土)

自民党のマニフェストと郵政民営化

 自民党のマニフェストが発表された。その最初に、「郵政民営化法案を成立させる」とある。小泉総理の考え方がどうしても理解できない。
 郵政民営化法案が参議院で否決されたから衆議院解散という総理の論理からして理解不能である。今度の衆議院選挙で、公明党も併せて、与党で過半数が獲得できたからといって、次期国会で郵政民営化法案が成立するとは限らないのである。小泉総理は、与党で過半数獲得できれば『参議院で反対した人も協力すると確信している』と述べている。自民党のマニフェストは総裁の裏づけのない予想を盛り込んでいるのか。それでは、競馬新聞の方がましである。こちらは、多少の裏づけのある予想が掲載されている。
 参議院自民党員で30人程度が、次回も郵政法案に反対するような雰囲気がある。このような中で、マニフェストに郵政法案成立を盛り込むためには、事前に参議院反対者に対して「衆議院選挙で勝ったら、郵政法案に協力してくれるかどうか」を諮り、YESの回答を得ておくことが必要ではないか。
 もっと単純化して、仮に参議院で野党が過半数を握っていると想定してみよう。それでも、小泉総理は今回と同じ行動をとったのであろうか。多分、同じ行動をとるであろう。この場合、自民党のマニフェストの「郵政民営化実現」が絵空事であることが明快であろう。現在の参議院自民党の郵政反対派の存在を前提とすれば、郵政法案では参議院の野党が過半数を握っていることと同じであろう。
 小泉総理は二院制への理解が足りない。現在のやり方では、小泉総理は「参議院は不要である」といっているに等しい。そして、「政治は合意を重ねていく行為である」ということも分かっていない。

 以下は、自民党員のハチとクマの会話である。
ハチ:『今度の選挙の刺客は何でもありだわな。ホリエモンは掘り出し物だわな。』
クマ:『目玉のマドンナが足りないわな。』
ハチ:『あやや,玉緒、かおるもいるデ。』
クマ:『そういえば巨人軍の清原、桑田、ローズもいるわな。隠し玉に元木もいるデ。』
ハチ:『上玉かどうか分からないが、みんな自民党が公認してくれれば、来年のわが巨人軍は優勝だわな。』(ローズは国籍がないでしょ。)

|

« 流行の予測 | トップページ | 逆引き衆議院選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/5553625

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党のマニフェストと郵政民営化:

« 流行の予測 | トップページ | 逆引き衆議院選挙 »