« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

戦後の経済成長と昭和天皇、長期的な回顧2

 前回のブログの続きで、昭和30年代前後から数年間のことで、ほとんどの人たちに見過ごされてきたことについて述べます。これには、私の想像や推察が多く含まれていることを明記しておきます。
 戦後すぐに昭和天皇の全国巡幸が始まった。この一環として、工場や炭鉱などの生産施設の見学・視察があった。当初の見学・視察時の工場は戦前の生産施設であった。しかし、何時の頃からか、天皇の見学・視察する工場は新しい生産設備を備えた工場、あるいは新設された工場となった。ニュース映画などでみた私の記憶でいうと、これらの工場設備は日本一や東洋一というものが多かったようである。まだ、世界一というものはほとんどなかったようである。
 戦後の朝鮮特需から復興した日本経済は、外貨が成長の制約要因であった。内需が高まっていくとそれだけ輸入が増え、外貨が不足する。そうすると、景気引き締め政策が採られ景気は悪化する。そうなると、いわゆる輸出ドライブが働き外貨収入が増えていく。それにつれて、引き締め政策が緩められ、内需がまた高まっていく。その結果、また外貨が不足する。このような繰り返しが続いた時期があった。このような時期に、外貨を獲得する企業を主な対象として通産大臣表彰があった。おそらく。そのような企業の工場を対象として天皇の見学・視察が行われたものと思う。この1年前くらいに、企業側に天皇の見学・視察の内示がある。この内示を受けた多くの企業は、前述のように生産設備を増強したり、一新したりした。
 私が在籍していた大手の電気企業でみた例を記しておく。ある工場が新設され、それと同時に、おそらく昭和34年前後に、昭和天皇は訪れていた。工場の正面玄関前の庭には、天皇お手植えの松があった。そして正面玄関を入ってすぐのところに、工場見学・視察する天皇の写真が飾られていた。天皇の側には、生産設備を説明する社長の誇らしげな顔も写っていた。
 新しい技術を体化した生産設備は、経済成長のエンジンとなる。ある時期以降に天皇が見学・視察した工場(以下、天覧工場と呼ぶ)はまさに「新しい技術を体化した生産設備」が多かったのである。景気変動の中で、それらの設備は時には過大なものとなったであろう。しかし、経営者は天覧工場を見捨てるわけにはいかなかったから、苦しくても歯を食いしばってその設備の稼動を維持したであろう。そして、その設備に見合う需要を国内外に開拓していったであろう。新しい技術を体化した天覧工場はかなりの数に上るものと思う。これらのことを推察すれば、これらの工場は戦後のわが国の経済成長を担ったといえるであろう。それゆえに、昭和天皇がわが国の経済成長に果たした役割は決して小さくないであろう。
 昭和天皇の工場見学・視察を記述している資料は、ほとんどが戦後すぐの時期、昭和20年代に限られているようである。例えば毎日新聞社『昭和の天皇陛下』1989年、保坂正康『昭和天皇』中央公論、2005年などである。上記のような新しい設備の天覧工場の記述はほとんど見られない。

追記
 昭和天皇の全国巡幸時の宿泊所・旅館などの写真集は存在している。例えば前記の毎日新聞社がそうである。天覧工場の写真集は存在していないようである。前記の写真集よりも後者のそれの方の価値が高いと思います。どなたか、この写真集にチャレンジしてみませんか。私が在籍していた会社は松下電器です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

労働組合の変質と労働争議の消滅、長期的な回顧1

 今回と次回のブログで、昭和30年代前後から数年間のことについて、ほとんどの人たちに見過ごされてきたことで、かつ筆者が気になることについて述べます。これには、私の想像や推察が多く含まれています。誰か興味のある方は裏づけの調査をしてください。
 昨日の新聞報道によると、全国の労働組合の推定組織率は今年6月時点で18.7%であるという。そして、1,000人以上の大企業ではそれが47.7%であるという。以上、厚生労働省の調査による。このように労働組合の組織率が低下している現状では、労働争議などは起こりえないであろう。以下の記述は、この組織率低下の端緒となる。
 昭和39年にわが国はIMF8条国に移行するとともに、OECDに加盟した。これが、昭和42年以降の資本自由化に結びつく。この前後に、民間労働組合が大きく変質した。端的にいうと、民間労働組合がポチ(ハチ公の方がより適切)になったのである。それには、経営者側からの大きな働きかけがあったものと思う。
 一般的にいうと経営陣は次のように考えた。資本自由化・貿易自由化に伴い、わが国の企業は諸外国の有力企業との競争に直面することになる。この競争に打ち勝つためには、労働争議で生産面にダメージを受けるわけにはいかない。ましてや、ロックアウトで生産を止めることは、企業イメージを損ね、納期の遵守が不可能となり、それだけ顧客を失う。そのためには、労働組合を「飼い犬」程度に変質させなければならない。手っ取り早くこれを行うには、労組の役員を会社から追放すればよい。
 私が在籍していた大手の電気会社の例を記しておく。この前後に、会社内に「第2人事部(何をするところか不明であった)」が新設され、そこの部長に警察官僚OBが着任した。おそらく、この人が以下の主役となったものと思われる。当時、私は労働組合の末端の役員であった。そして、私の組合の上司に当たる人(共産党員であったと聞いている)が、突然に会社をやめた。その人と私との関係は、主として組合関係の事項であったが常に連絡を取り合うという仲であった。その人が、私に一言もいわずに、伝言や手紙での連絡もなく辞職したのである。この辞職が不思議であつたが、まもなく私も自己都合でその会社を辞した。私の在社中には、労働争議は他社並みにあったし、ロックアウトも経験した。私の辞職後、この会社はほとんど労働争議もなくなり、さらに後年には、労働組合役員が取締役にも付いた。前記の警察官僚OBは常務取締役まで昇進した。
 私は、その会社を辞職した後に、民間企業を客観的にみられる立場の職に付いた。私の目には、上記の年次前後を境にして、民間企業の労働争議が激減していることが不思議ですらあった。例えば労働省『労働争議統計調査報告』によると、「作業所閉鎖」の参加人員は昭和41年以降に激減している。また「怠業」の参加人員は昭和38年以降に減少し、さらに42年以降には激減する。昭和40年以降の民間大手・中堅企業の労働争議は私鉄やバス・タクシー(これらの業種は国際競争とは無縁である)など以外はほとんどなくなっている。
 上記のように労働争議が激減している理由は、当然、労働組合の変質に求められる。この労働組合の変質の背景には、会社の経営陣からの大きな働きかけがあったとしか考えられない。私の例のように、会社の組合幹部(その多くは共産党員でオルグとも呼ばれていた)たちを、経営陣は何らかの手段で追放したものと思われる。これには、日経連が主導的役割を果たしたのでないかと推察している。この追放と、国会での共産党や社会党の衰退は軌を一にしているようである。
 ついでにいうと、近年OECDに加盟した韓国では、相変わらず民間大手企業で労働争議が多発しているようである。そのことが韓国企業に与える国際的な面でのダメージは大きい。韓国経営陣は、日本の例を学ばなかったのであろう。彼らは日本の経営陣のやり方に賛同できなかったのであろうか。あるいは、彼らは怠慢であったのだろうか。
 さらにいうと、国鉄民営化などがもたらした労働組合の変質がある。かつて成田闘争で逮捕される人たちのほとんどが、職業革命家とみられる学生たちを除くと、国労組合員、日教組組合員、自治労組合員であった。後者の3労組に揺さぶりをかけた黒幕(多分、あの人です)がいると思う。揺さぶりの手段は国鉄民営化であり、初任者研修などであり、公務員定員削減である。その結果、国労は壊滅し、日教組はタマになりさがり、自治労はかろうじて息をしている状態である。
 企業経営陣に対する対抗勢力として労働組合は大切な組織である。その労働組合がポチ・ハチ公程度では対抗勢力とはなりえない。年金・医療という大切な問題に対して、労組関係者の発する声はほとんど聞こえてこない。誰が個々の従業員・会社員の声をくみ上げ、それを会社経営や国政に反映できるのであろうか。労組関係者の奮起を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

さもなくば喪服を

 L. コリンズ、D. ラピエール著(志摩訳)『さもなくば喪服を』早川書房2005年を読んだ。この書は20年ほど前に出版されている。その修整・再編集版である。前回出版された時に、その書名にひかれ読んでみようと思っていた。その時には、本書を入手できなかった。これは、貧しく無学の少年・青年が栄光の闘牛士へかけ昇る苦難の道を描いたものである。この貧しさは、現在の大半の日本人では想像できないと思います。
 書名は初めて正式の闘牛場に立つ日に、彼が父母代わりに育ててくれた姉に対して発した言葉である。これを少し拡大解釈すると、次のようになる。『闘牛士になって栄光を手にします(巨額の富を手にします)。そうでない時には、私は死んでいますから、あなたは喪服を着ることになるでしょう。』 少し前の日本にも、このような言葉を発してふるさとを後にした少年・青年などがいた。
 今度大関に昇進した琴欧州関も、ブルガリアを出る時に、このような言葉を父母に残したのではないだろうか。あるいは、このような決意を秘めて日本に来たのではないであろうか。ハングリー精神と「さもなくば喪服を」は連動するところもある。
 巨人軍に入団する辻内君も、来年高校を卒業して巨人軍の一員になる時に、父母に『巨人軍のエースになります。さもなくば喪服を。』とカッコイイ言葉を残して上京してくれないかな。そうすれば、原監督は泣いて喜ぶと思います。もちろん、ナベツネさんも。
 「さもなくば喪服を」という気概・決意が日本人から薄れている。この言葉にはオレテガのいう「貴族」よりももっと激しさ・情熱があります。私は、このような気概・決意を持った少年・少女が多数出現することを念じています。そうすれば、明日の日本はもっとダイナミックな発展が可能となります。また、今の社会に蔓延している停滞感・倦怠感などが払拭されると思います。当然、ニートなどは吹っ飛ぶと思います。

[追記]
 私は「さもなくば」という言葉も好きです(英語の「or」を、このように訳した訳者もエライ)。少し前にはやった『たかが○○、されど○○』の後にこれを続けると面白いと思います。例えば次のようになります。どうです。笑点の大喜利に、もってこいでしょう。
  ◎小泉総理『たかが郵政民営化、されど郵政民営化、さもなくば衆議院解散だ』
  ◎武部幹事長『たかが小泉総理、されど小泉総理、さもなくばオレが総理だ』
  ◎ミスター『たかが野球、されど野球、さもなくば「いわゆる・ひとつ」の野球です』
  ◎ディトレーダー『たかが株式、されど株式、さもなくば喪服を』
  ◎太蔵君『たかがヒラリーマン、されどヒラリーマン、さもなくば議員・大先生よ』
  ◎受験生『たかが東大、されど東大、さもなくば浪人に』
 弁証法は「正、反、合」ですが、上記は「正(たかが)、合(されど)、反(さもなくば)」となります。ですから、ここから新しい進展が得られるものと期待できます。
 上記のような戯言から離れて、もっと高みを目指すこともできます。もう少しわかりやすい例を記載しておきます。「とっても簡単なのでブログをはじめた(以上、正の部分)。面白いし、長続きしそうだ。自分の意見・見方も表明できる手段になった。それに他人のブログへのアクセスも面白い(以上、合の部分)。ブログというものがなくなれば、日々が退屈になるな。世間に対する自分の意見を表明できないな。○○しかやることもなくなるな(以上、反の部分)。」これらを総括して、『たかがブログ、されどブログ、さもなくば○○』となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

株式投資と株価予想

 前回の株式投資ブログの続きです。株価予想についてです。
 まず投資情報会社や証券会社の株価予想について。これがクセモノです。これらの会社のレポートでは、ある銘柄について「買いoverweight」や「売りunderweight」などの情報が掲載されます。もちろん、買い⇒株価上昇、売り⇒株価下落です。
 1番目のクセモノは、この情報が届く順序があるということである。最初に届くのは、これらの会社の上得意先です。それから何日か後に一般客です(この前に、もう一段階がある場合もある)。これは仕手筋の情報連絡時間格差と同じです。一般客に情報が届くまでの間に既に株価が変動していることもあるのです。
 2番目のクセモノは、この情報がその会社の利益のために発信されることがあるということです。私のみるところ、外資系の会社に多いようです。この手口は次のようになります。例えば自社がかなり大量に株式保有しているA社について、レポートで「買い」という情報を発信します。その理屈はどうともなります。そのレポートのスミに『当社はA社の株式を保有し、かつその株式を売買することもある』という文言も掲載されています。ところがレポートの情報発信後の何日か後に、この会社はA社の株式を売却しているのです。これは、時々「5%ルール」で判明します。私が所持していた株式でもみられました。しかし、このように馬脚が表われるのはマレです。これは仕手筋よりもタチが悪いと思いますが。(別の手口もあるようです。これについては、追記を参照してください。)
 次にアナリストや株式評論家の株価予想について。これは玉石混交で、石の方が多いようですので、参考程度にとどめていた方が良いようです。時々、専門誌で、何人かの株式評論家の株式投資運用実績を掲載しています。これは情けない実績です。大変恐縮ですが、これらの人たちの予想は、競馬の予想屋のそれと同程度のようです。多分、これらの人たちは自分の金で株式投資をしていないから、真剣に予想の勉強をしていないのだと思います。もっとも、勉強しても株価予想が確実に当たるとは限りませんが。この点は、前回のブログを参照してください。
 最後に私の短期株価予想です。前回に記していたように、私は暗愚性に欠けるので、短期予想には自信がありません。四考程度にみてください。私は4つの要因が大切だと思います。
 1つ目は国内の「暗愚ら(あんぐら)マネー」の行方です。(暗愚らマネーに意味については、前回ブログを参照してください。) 耐震強度偽造問題で、マンション投資に向かっていた暗愚らマネーの一部は株式市場に転換されます。この金額は大きいと思います。
 2つ目はやや好調なボーナスです。低金利、それに上記のマンション事情も考慮すると、今年はかなりの金額が株式市場に向かうと思います。
 3つ目は生保・損保・銀行などの株式投資です。これは増えそうです。
 4つ目は海外マネーです。これは予想できません。
 以上を総合して、年末から来年初めにかけて、日経平均は16000円を超えると思います。個別銘柄については、あえて記載しません。そうしないと、前記投資情報会社のレポートと同じことになります。
 なお個別銘柄の購買については、経営陣の資質を見極めることも大事だと思います。耐震偽造にかかわる銘柄の株式を保持している方はこの点に賛同されると思います。やはり、前回記しているように、経営陣の格付けが必要だと痛感しています。

追記:20年ほど前のソロモン・ブラザーズのセールスマンの証言
 M. ルイス著(東江訳)『ライアーズ・ポーカー』1990年角川書店には、著者がソロモンで見聞したことや実際に行ったことが記載されている。ソロモンでは、優先販売という指令が上部から発せられることがあったという。対象となるのは、会社が抱え込んだ大きな社債や株券で、売れると会社に多くの利益がもたらされる、売れないと会社が多く損害を抱え込むという物件である。後者には、倒産の危機にある会社の社債などがある(倒産に危機にあるという情報は、ソロモン以外には知られていないという場合が多い)。
 著者はこうもいっている。『一般的に言って、ソロモン内部でセールスマンに浴びせられる賞賛が大きければ大きいほど、後で顧客がこうむる痛手も大きい。』
 証券会社やそれに類する会社からの情報を重要視している方は、この書を一読されることをすすめます。恐ろしいことが一杯書かれています。
 また、不動産収入を証券化したREITのように、物件・案件を証券化する考え方の参考となる記述もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »