« メガバンク、その誇りとリスク仲介機能 | トップページ | 賎民資本主義、あるいは村上ファンド »

2006年4月29日 (土)

小沢民主党への期待

 先の衆議院千葉補選において民主党が勝った。この勝利を喜んだのは私だけではないであろう。
 多くの国民は政権交代可能な野党の出現を望んでいると思う。私もそうである(以前のブログ4月1日なども参照してください)。ここでの「政権交代可能」というキーワードが大切である。以前の前原民主党では、政権交代が可能であろうか。小沢氏ならば、民主党を政権交代可能な政党に成長させることができるであろうと私は期待している(現在の民主党は、政権交代可能な政党とはいえない)。
 前のブログで、私は「小沢氏は党首や代表などには向いていない、・・・参謀、あるいは黒子に徹した時にその持ち味が発揮される」と書いた。千葉補選での小沢氏は参謀・黒子役には徹していなかったが、その役割も十分に果たしていたようである。
 民主党代表就任に当たり、小沢氏は「私自身が代わる」ということを強調していた。それは、「彼の強引ともいえる手法」を捨てるということであろう。参謀・黒子役としての持ち味は捨てないようである。それは、千葉補選での彼の行動、国会や千葉補選でみられた菅氏や渡部恒三氏の役割を考えれば首肯できよう。小沢氏のこの行き方に、私は賛成である。今後の、国会の場などでは菅氏や渡部恒三氏を前面に押し立てた方がよいと思う。それにしても渡部氏の話や話し方は魅力的である。国会の場で、もっと頻繁に渡部氏を前面に押し出した方がよいと思う。
 小沢氏に求められているものは、次の参議院選挙での勝利ばかりではない。現在の民主党を早急に政権交代可能な政党に成長させることである。民主党代議士の中で、どれだけの人たちが現実の政策や各省庁の実務に通じているであろうか。実務に通じていなければ、政策は「絵に描いたもち」にすぎない。影の内閣などを通じて、代議士たちを「政策通・実務通」に育て上げる役割も小沢氏に期待している。(代議士たちを政策・分野別などで幾つかのグループに分けてそれぞれの勉強会を立ち上げ、そこへ関連省庁の若手幹部たちにも参加してもらうということなども実行できないのであろうか。現在の民主党の代議士先生は政策・実務の勉強に励んでいるであろうか。)
 民主党の代議士の皆さんにも一言。どうか「小沢という一つの旗」の下で政権交代可能な野党への成長を目指してください。小異を捨てて、大同を重んじてください。もちろん大同とは政権交代可能ということです。

|

« メガバンク、その誇りとリスク仲介機能 | トップページ | 賎民資本主義、あるいは村上ファンド »

コメント

民主党は消費税を上げる、憲法九条を改正するなどと言っております。

主要政策は自民党と同じ、いやそれ以上に自民党的です。小選挙区制、二大政党・政権交代の路線は小沢氏が財界幹部とと練りに練って作った自民党の延命装置です。

私は政権が民主党小沢政権に変わっても期待は出来ません。

投稿: yamamoto | 2006年4月29日 (土) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/9813896

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主党への期待:

« メガバンク、その誇りとリスク仲介機能 | トップページ | 賎民資本主義、あるいは村上ファンド »