« 日銀の福井総裁を懲戒解雇せよ | トップページ | 明日の将棋、電脳に負けそうな頭脳への応援 »

2006年6月24日 (土)

も餓鬼道を行く日銀福井総裁

 日銀の福井総裁の財テクの一端が明らかになった。福井総裁の村上ファンドへの投資持分と保有株式の時価総額が20日公開された。これらをみて気づくことは、これらの資産が福井氏が日銀総裁に就任した03年3月以降に急騰していることである。(もちろん、この期間には多くの株式価格がかなり大きく上昇している。これにより、チンケな投資家である私自身も利益を上げている。) この期間に、日銀は株式価格の上昇に結びつくさまざまな施策を実施したはずである。結果として、その施策が福井総裁の資産を大きく増加させたことになる。
 福井総裁が、村上ファンドを解約しなかった理由は「若い人を支援する志」を断てなかったことだという。それでは福井氏に問う。どんな考えや行き方をする若い人でも福井氏は支援するのであろうか。公序良俗に反するような若い人でも福井氏は支援するのであろうか。私は、福井氏の最大の誤りは「日銀総裁として、支援すべきでない村上ファンド」を持ち続けたことにあると思う。村上氏のやり方は、福井氏の総裁就任以前に分かっていたはずである(村上氏のやり方などは、6月10日などの当ブログを参照)。村上氏が巨額の利益を上げ、売り抜けた株式の当該会社は、その後どのようになったであろうか。福井氏は、ここへ眼を向けなかったのであろうか。さらに、福井氏が村上ファンドに投資・出資していること、つまり日銀総裁が村上ファンドを支援していること、そしてこの利点を村上氏が利用する可能性があることに気が付かなかったのであろうか。
 国民、国会議員、マスコミなどから、福井氏へ多くの非難・疑問がよせられている。今や、福井氏は針の筵に上にいる。おしりがチクチク痛くて、総裁の職務に没頭できないだろう。もがき苦しんでいるさまは、餓鬼道に落ち込んだ亡者のようである。(餓鬼道に落ち込むのは生前の悪行によるが、福井氏の場合は総裁就任時、あるいは以前のアヤマチによる。) 福井氏自身に残された選択肢は「辞任」か「も餓鬼道(もがきどう)を歩き続ける」かの2つであろう。後者の場合は、総裁としての職責は果たせないであろう。
 日銀総裁が村上ファンドに投資・出資していたこと、それに幾つかの銘柄の株式を保有していたことの理非の判断は、「日銀の内規に照らして」以前の問題だと思う。前回のブログで書いているように、福井氏の行為は「懲戒」に相当する。
 福井氏の日銀総裁としての能力・力量は「余人をもって替え難し」といわれる。そうだからといって、福井氏が総裁職に留まることを許してはならない。本当に優秀な組織とは、そのトッブが誰であろうと本来の職務を果たし続けるものである。日本銀行はそのような組織であろう。例え認知症の総裁を頂いても、日本銀行は立派に職務を果たすと信じている。これまでも、財テクのうまい総裁を頂いていながら日銀は立派?に職務を果たしてきたのではないだろうか(ただし福井氏の件が暴露してみると、立派に疑問符が付く)。
 日銀には自浄能力がないのであろうか。行内から、総裁を「懲戒」にしたり、「追放」したりできないのであろうか。日銀の全職員が、この問題に真剣に向き合ってほしい。そして、全職員が国民の声Voiceに耳を傾けてほしい。

|

« 日銀の福井総裁を懲戒解雇せよ | トップページ | 明日の将棋、電脳に負けそうな頭脳への応援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/10657215

この記事へのトラックバック一覧です: も餓鬼道を行く日銀福井総裁:

» 20代の若者パワーは恐れを知らない [株式情報 投資の鎧]
現在、日本では20代の億万長者が1000人も生まれていると言われています。その若者の投資法にせまってみました。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 19時12分

« 日銀の福井総裁を懲戒解雇せよ | トップページ | 明日の将棋、電脳に負けそうな頭脳への応援 »