« 安倍新内閣への期待2、芸術・学術の振興 | トップページ | 博士の愛した変な数式 »

2006年9月30日 (土)

安倍新内閣への期待3、小資本ビジネスの振興

 安倍新内閣への期待の続きです。比較的小さな資金(資本)で、開業できるビジネスの振興を検討すべきである。例えば、次のような構想はどうであろうか。
 大きなショッピングセンターや商店街の一角に、中央政府や地方政府が「間口1間×奥行き1間」程度のビジネス用の区間を10~20程度を設置し、それを比較的低い賃料で貸し出すのである。この区間の貸し出しは、1年程度を基本とし、いくつかの条件下では更新も可能としておく。それを借りる人たちは、そこで自由にビジネスを行うのである。考えられるビジネスは次のようなものである。(飲食料品の営業にはいろいろな規制があるが、ここでの営業では簡単な講習を受けるだけで許可するようにしておく。)
◎ お団子、お稲荷、あるいはオニギリなどを、家で作ったりして、そこで販売する。
◎ 簡単な飲食店や喫茶店を営む。
◎ 手作りの衣料品や皮革製品の販売や、それらのつくろい・修理なども引き受ける。
◎ 趣味の鉄道模型や帆船模型などの展示・販売をする。
◎ 地方の名産品を販売する。
◎ さまざまなコンサルタントの事務所を営む。
◎ 海外産品の直売所を営む(輸入は、個人で行う)。
◎ インターネットの利用所。
 大事なことは、比較的小さな資金でビジネスができるように政府などが支援することである。このような構想は、安倍政権が唱える「倒産や失業からの再起を促す再チャレンジ支援策」とも符合している。

|

« 安倍新内閣への期待2、芸術・学術の振興 | トップページ | 博士の愛した変な数式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/12095609

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍新内閣への期待3、小資本ビジネスの振興:

« 安倍新内閣への期待2、芸術・学術の振興 | トップページ | 博士の愛した変な数式 »