« 博士の愛した変な数式 | トップページ | 耐久財と付加音 »

2006年10月15日 (日)

鯨飲馬歌(げいいんばか)

 スポーツクラブの仲間たちと、運動した後に飲み会に行くことが多々ある。運動している仲間たち、具体的には水泳であるが、彼らはよく飲み、よく食べる。私のみるところ、自分も含めて、水泳をしている人はよく飲む。これには、多分肺活量が影響していると思われる。この後は、たいていはカラオケに行く。カラオケでマイクを独占している仲間に対して、音痴の私はヤッカミ半分・カラカイ半分で「鯨飲馬歌(げいいんばか)」だと指摘したりもする。もちろん「鯨のようによく飲み、馬のように上手?に歌う」という意味です。これは気に入っている言葉です。
 以下では、このような4字熟語を考えてみた。
◎ 犬遊猫眠(けんゆうびょうみん:犬のように遊びまわり、猫のようにコタツで眠る)
  雪が降っている時の子供たちです。
◎ 狐狡狸嬌(ここうりきょう:狐のようにずるいが、狸のような愛嬌がある)
  いわゆる詐欺師の典型的なタイプです。
◎ 猿面梟智(えんめんきょうち:猿のような顔、つまり見てくれは悪いが、梟のように智慧がある)。
  豊臣秀吉のように。
◎ 豚食牛稼(とんしょくぎゅうか:豚のように粗食であるが、牛のようにモクモクとよく働く)
  これは私のこと。
◎ 虎酷狼心(ここくろうしん:虎のように残酷で、狼のように欲が深い)
  いわゆるギャング。
 どこかで年末になると4字熟語を募集しているが、何らかの制約を課した方が面白い熟語ができるはずである。上記の動物以外でも、例えば「桃○栗○」のように果物を、「鮭○鯖○」のように魚を用いるなどです。後者の魚は「すし屋の湯のみ」に最適である。
 また、次のような熟語も考えられる。「米○日○(アメリカは○○であるが、日本は○○である)」のように。これは「日本人のジョーク」に最適ではないだろうか。「食在広州」の応用で「○○新潟(○○は新潟県に限る)」などもある。

|

« 博士の愛した変な数式 | トップページ | 耐久財と付加音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/12290864

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨飲馬歌(げいいんばか):

« 博士の愛した変な数式 | トップページ | 耐久財と付加音 »