« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月20日 (土)

新潟市と政令指定都市

 新潟市が、今年の4月に政令指定都市となる。政令指定都市となるために、新潟市は周辺市町村との合併を繰り返し、今や人口は80万人を超える。
 新潟市は私の故郷である。これまで、合併を繰り返して巨大化する故郷を苦々しくみつめていた。幼少時の私は市中心部に近い万代橋・礎町の周辺で生活していた。そして、当時の市内の隅々まで活動の場を広げて遊びほうけていた。当時の市内は今でも思い出す。そんな私にとって、巨大化した故郷はもはや遠いところへ行ってしまったようである。誰か他人と挨拶を交わして、『出身が新潟市』といわれても、私は『ああそうですか』としか応答できないであろう。今や、新潟市の中で私が知らない地域や、友人・知人・親族が住んでいない地域の方が断然広いのである。
 政令指定都市になることによって、はたして新潟市民の生活は便利になるのであろうか。私の知る範囲の市民は、政令指定都市となることによる利便はないという。多分、政令指定都市になることによる利便が得られるのはお役人様だけであろう。
 政令指定都市になることによって、市は幾つかの区に分割される。その区名がまたアホらしい。他の市のそれらと同じように、東西南北に中央である。つまり、東区、西区、・・・、中央区である。市の中央部にこれらの名称がつけられている。特徴があるのは秋葉区(あきばく、民謡の「新津松阪」の秋葉山から・・・)と西蒲区(にしかんく、西蒲原の略?)だけである。どうして区名に、港、信濃川、万代橋、砂山、沼垂などが利用されなかったのであろうか。想像力の欠如としか考えられない。これに対して、お役人様は定石どおりに『それらは検討しました』と答えるであろう。
 個性のない区名で、もっとも困るのは郵便の住所表記であろう。市内から出す手紙で「中央区・・・」と表記されていて、郵便番号がなかったなら、この手紙はどこに行くのであろうか。私が東京から出す手紙の場合も、郵便番号がなく「東区・・・」の住所表記ならばどうなるのであろうか。政令指定都市への手紙では、都市名は省略できるはずであるが。
 私のみるところ、お役人様には「遠くから故郷を眺めている人の心」への思いはない。これらの人たちへの温かいまなざしを忘れているのであろう。団塊世代やそれ以前の世代などの中には、就職のために新潟市から首都圏や近畿圏などに出た人たちは多いはずである。これらの人たちの幾らかは退職後に故郷・新潟市に戻りたいと思っているはずである。また、何時の日か故郷のお役に立ちたいと思っているはずである。
 私は声を大にして叫びたい。故郷・新潟市はそこに住んでいる人たちだけのためのものではない。ましてやお役人様のためのものではない。故郷を後にし、常に故郷を思う人たちのためにも存在していなければならないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月13日 (土)

団塊の退職3、隔日トレーダーの増加

 前前回に述べた団塊退職者の就業の続きです。ディ・トレーダーを始める人たちが増えると想像できる。それも、予定が入っていない日のみディ・トレーディングに従事という形をとるであろう。だから、短期トレーディングに近いケースもある。以下、これらを総称して隔日トレーダーと呼ぶ。
 この隔日トレーダーの増加に伴う影響を考えてみたい。以下の影響は、今年から数ヵ年先にかけて顕在化するであろう。
 まず雨の日の取引は増加するであろう。だから、全国的に雨天が続く梅雨の季節では株式市場は活況となろう。さながら「梅雨時ラリー」となろう。この時、株価は全般的に上昇するであろう。また、寒い季節となる冬の株式市場も活況となろう。
 株主優待のある株式、それも生活に密着した優待がある株式への投資が増加するであろう。もし、株主優待として毎月一回程度に割引券を出すヤキトリ屋などの株式があるとしたら、それは人気化するであろう。ついでにいえば、上場している百貨店やスーパーなどは株主優待割引券(当月限定)を毎月出した方がよい。郵送コストなどよりも、来店による売り上げ増に伴う利益の方がはるかに大きくなるはずである。
 日和見主義的な株式取引が増加するであろう。つまり投資方針に明確な指針や原則などがなく、市場のムードやマスコミ報道などに追随した株式取引が増加する。この結果として、人気の高い株式評論家の予想や株式雑誌記事が現実化する頻度が高まるであろう。人気の高い株式評論家や株式雑誌にとっては、予想できない事態(予想が当たるという事態)が出現するであろう。
 また、上記とも関連するが、仕手筋情報やガセネタが氾濫し、それらに関係する株式の価格は大きく変動するであろう。多分、仕手筋の研究会の会員も増加するであろう。そのため、仕手筋の動きも活発化するであろう。
 大型株で、利回り(配当÷株価)の高い株の購入者が増えるため、これらの株価は高まり、結果として利回りの高い大型株は減少するであろう。
 また安全性を重視するために、東証1部上場銘柄の取引が活発化するであろう。比較的リスクが高いジャスダックなどの新興市場の銘柄はそんなに取引が増えないであろう。
 私の経験からいうと安定した利回りを期待できる株式投資は面白くない。つまり、これらの株価は大きく値上がりしないし値下がりもしない。株式投資の面白みのひとつはギャンブル性にある。ギャンブル性の高い新興市場の株式取引が活発化するのはかなり先になろう。それでも、上記の隔日トレーダーの内の幾らかはこの取引に参入するであろう。
 以上総合すると、団塊の退職者の増加に伴い株式市場、それも東証1部市場は活発化する。しかも、その活発化は株価の乱高下を伴うものとなる(つまりボラティリテイが大きくなる)。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »