« 株式情報、あるいは四季報というオイシイ商売 | トップページ | 将棋ソフトと今後の将棋 »

2007年3月24日 (土)

東京都知事選挙

 東京都知事選挙の候補者が出揃った。相変わらずにぎやかな顔ぶれである。それで、この選挙について述べてみたい。以下の私の選挙予想などはアテにならないものです。
 どうみても、現職の石原氏が圧勝するであろう。2位につけるとみられている浅野氏の場合は「負け方」あるいは「惜敗率」が問題になる。というのは、浅野氏の場合は4年後の都知事選挙をにらんでいる節がある。今回、大差で負けるようなことがあれば、浅野氏に次はないであろう。
 私は、今回の選挙で現職の石原氏に挑戦できる候補は女性であろうとみていた。一時候補に挙がっていた民主党の小宮山氏は「案外だろう」と思っていた。ただし、小宮山氏は最近メディアへの露出が少ないという欠陥があったので、出馬しても善戦で終わるであろうと予想していた。私は次回の都知事選に小宮山氏が出馬することを望む。そこで当選するためには、これからの4年間をどう過すかが大切となる。本人が出馬する意欲があるならば、当然にそのようなことは考えているであろう。(石原氏以外の候補者は、これまでの4年間、あるいはそれ以上の期間を、今回の選挙のために活用していなかったであろう。突然出馬しても現職に勝てるとは考えられない。)
 当選するであろう石原氏に望むことを記しておきたい。まず、五輪はやめるべきである。少なくとも東京で開催すべきではない。福岡や他のアジアの都市で開催した方がよい。
 イベントを開催するならば、もっと知恵を出せばいくらでも有益なものが考えられる。例えば日本の科学・技術の振興を企図するのであれば「ロボット世界博」や「ロボット世界競技大会」など。芸術・文化振興のためならば「世界芸術・文化博」や「世界伝統芸能大会」など。もちろん、これらは4年毎、あるいは5年毎に開催する。
 おそらく最後の任期になるのであるから、これまでの知事にやれなかったことに挑戦してほしい。東京都年金制度や東京都医療保険制度などのような東京都独自の制度の創設なども検討してほしい。
 そして沖ノ鳥島開発・保存は、これまで以上に力を注いでほしい。ここの海域を用いて何らかの実験などをする予定があるようであるが、私は賛成である。この島があるから、わが国の200カイリは大幅に拡大しているのである。ただし、この島の有益性を都民に還元することも考えてほしい。
 最後に、鈴木元都知事のことを記しておきたい。鈴木氏は、通常の状態であったならば、都知事になれなかったであろう。本人は都知事になることを望んでも、選挙というカベがあった。そのことを本人が一番よく自覚していたと思う。当選後は、彼は常に次の選挙のことを考えながら職務を遂行していたようである。私が見聞した3年間か5年間の事業で、年間予算が300万円から600万円程度のような事業でも、彼のその事業始めの会合には業界関係者を多数呼び、それに出席していた。それに出席した業界のトップの人たちが『知事さんも出席した』と感激の面持ちで私に語っていた。私は、『鈴木氏はこのような小さな予算でも業界人とコンタクトを持つのか』と感心したことを覚えている。
 3選目の鈴木氏に自民党が反対し対立候補を立てた時に、多くの業界関係者が鈴木氏の下に駆けつけ、『ぜひとも立候補してください。私たちは力の限り応援します。』との趣旨の要請・激励文を渡していた。このニュースを目にした時、私は前述のことが脳裏によみがえった。結果は、鈴木氏の3選であった。

|

« 株式情報、あるいは四季報というオイシイ商売 | トップページ | 将棋ソフトと今後の将棋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/14369620

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選挙:

» お笑い劇場?東京都知事選!! [ブログアフィリエイト裏番長!!自由と苦悩のブルース]
都知事選政見放送、かなり受ける外山恒一、おもろすぎ、「私がもし受かったら、私がびびる!!」あと、内田裕也もいきなり歌いだすしどうなってるんだ?でも面白いから許す。ココで見れるよhttp://vision.ameba.jp/watch.do?movie=182569... [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 05時44分

« 株式情報、あるいは四季報というオイシイ商売 | トップページ | 将棋ソフトと今後の将棋 »