« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

あたかも祭りの日のような、民主党の大勝利

 昨日の参議院選挙において、民主党は大勝利を収めた。もちろん自民党は歴史的な大敗北に終わった。これによって、ここ数ヶ月においてみられた与党の自民党・公明党による国会での横暴もやむであろう。何よりも、小沢民主党代表のいう政権交代可能な2大政党制への道が開かれたことが大きいと思う。
 おそらく民主党は昨晩から「あたかも祭りの日のような」時が続いていると思う。願わくは、祭りの日は今日までにしてほしい。そして、次の段階、つまり次の衆議院選挙に備えてほしい。民主党議員の皆さんは、まず政権交代可能な能力・知力を磨いてほしい。それには、影の内閣も有力である。
 そして、小沢代表には次の衆議院選挙への戦略を描いて実行に着手してほしい。今度の選挙には、年金・政治資金などの神風が吹いた他に、前回の衆議院選挙に大敗したことによる貯えも貢献した。つまり、衆議院選挙落選者を参議院選挙の候補者にし、それらの人たちが当選した。次回の衆議院選挙では、自民党に同様のことが起こるのである(ただし、前回の衆議院選挙では自民党は大勝しているので、クラ替え候補者が小泉チルドレンを押し出すということになるのではないだろうか)。次回には、民主党は玉が不足気味になるのに対して、自民党は玉が過剰になるのである。幸いにも、次の衆議院選挙までは2年程度の期間がある。小沢氏の知識・手腕に期待する。
 私たち国民は、2大政党制を望むならば、政権担当能力のある野党を育てることに力を貸すべきである。この点は、前回の当ブログで述べた。
 私の身近なところでいえば、東京都選挙で自民党前職の保坂氏の落選は大きな意味を持つと思う。保坂氏は莫大な組織票に支えられていたはずである。この原因は、出口調査や期日前調査を詳細に分析すると判明すると思う。これらのデータが利用できないので、以下は私の推察である。私は保坂氏の落選は石原都知事と関連が深いと思う。石原氏は知名度抜群であるから、選挙では組織に頼らなくてもよい。このため、都政において組織に迎合するような予算配分をする必要がない。東京都には、数多くの地場産業があり、それぞれの組織がある。石原都政下では、これらの組織と自民党との間の距離が広がっていると思う。それゆえに、保坂氏の組織票にひび割れが起きていたのだと思う。

付記:「あたかも祭りの日のような」の表現はヘルダーリンの下記の詩からの引用である。
 「あたかも祝いの日の明けゆくとき・・・。熱気をはらんだ夜空から・・・清涼の稲妻がおくられ、その雷鳴はいまもなおはるかにひびいている。・・・」(手塚・浅井訳『ヘルダーリン全集2』河出書房、1967年)
 現在、午前11時半過ぎの東京は清涼な稲妻がとどろき、激しい雨が降り注いでいる。ヘルダーリンの世界にいるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月14日 (土)

小沢民主党の勝利を

 参議院選挙が公示された。私は、小沢氏のいうように、政権交代可能な2大政党制を望む。もちろん、核となる2大政党の回りに複数の小政党が存在していてもよい。
 衆議院で大勢力を持つ与党である自民党・公明党の近頃の横暴は目に余るものである。もっと議論を尽くすべき法案をゴリ押しで成立させている。政治と金の問題も国会で議論すべきものなのに、それらについては議論の糸口さえふさいでいる。農林大臣の事務所費問題については、安倍総理の対応に失望している。
 そして、考えられないような年金諸問題が発生している。その根本的原因は「政権与党と官僚の間の緊張感の欠如」が長期に続いたことにあると思う。過去に本当の意味の政権交代が何度かあれば、年金諸問題が生じ、しかもそれらが長期間も放置されるようなことはなかったと思う。アホな役人ども、仕事をしない役人どもを誰が監視するのか。やはり政治・政治家が監視しなければならない。○○とハサミは使いようである。
 民社党の政権担当能力に疑問を抱く国民は多い。私もその1人である。しかし、政党・政治家は国民が育てなければならないという側面もある。つたない政治かもしれないが、とにかく何度か政権を担当させ、その能力を向上させることに国民は手を貸す必要がある。小沢氏は一度失敗しているから、今度はもう少しうまくやれると思う。政権担当能力に疑問があるからという議論では、何時までたっても自民党政治が続くことになる。つまり政権交代がない政治が続くことになる。
 万年野党の政治家であることには多くの欠点がある。例えば、万年野党の政治家には各省庁からの重要な情報が届けられないことが多い。政権交代があれば、多数の政治家が万年野党を脱し、多くの重要な情報に接する機会が増えるであろう。また、万年野党を脱すれば、常に政治の現実に向き合わなければならなくなる。
 政権交代のある国家、それこそが「開かれた社会」である。ここでいう「開かれた社会」はK. ポパーのいうそれであり、小沢氏はこの構想・概念に熟知しているはずである。この点については、かなり前の当ブログで記述した。
 とにかく、今度の参議院選挙では与党の自民党・公明党が議席の過半数を制するような事態を招いてはならないと思う。私は、小沢氏の政治哲学は評価するが、「それ以外はどうも」というのが本音である。それでも、政権交代可能な2大政党制の確立という小沢氏の意気込みに賭けたい。(私は、小沢氏は党首や総理に向かないと思う。政権の参謀・黒子に徹することが最良だと思う。党首、総理としては、小沢氏は演説が下手である。まるで、幼稚園の保爺(ほじじ)が園児に話をしているようである。) さらにいえば、自分の選挙区には投票したい人がいない状態であるが、民社党の1票を投ずるつもりである。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »