« 小沢民主党の勝利を | トップページ | アクセルの株価とパチンコ・パチスロ業界 »

2007年7月30日 (月)

あたかも祭りの日のような、民主党の大勝利

 昨日の参議院選挙において、民主党は大勝利を収めた。もちろん自民党は歴史的な大敗北に終わった。これによって、ここ数ヶ月においてみられた与党の自民党・公明党による国会での横暴もやむであろう。何よりも、小沢民主党代表のいう政権交代可能な2大政党制への道が開かれたことが大きいと思う。
 おそらく民主党は昨晩から「あたかも祭りの日のような」時が続いていると思う。願わくは、祭りの日は今日までにしてほしい。そして、次の段階、つまり次の衆議院選挙に備えてほしい。民主党議員の皆さんは、まず政権交代可能な能力・知力を磨いてほしい。それには、影の内閣も有力である。
 そして、小沢代表には次の衆議院選挙への戦略を描いて実行に着手してほしい。今度の選挙には、年金・政治資金などの神風が吹いた他に、前回の衆議院選挙に大敗したことによる貯えも貢献した。つまり、衆議院選挙落選者を参議院選挙の候補者にし、それらの人たちが当選した。次回の衆議院選挙では、自民党に同様のことが起こるのである(ただし、前回の衆議院選挙では自民党は大勝しているので、クラ替え候補者が小泉チルドレンを押し出すということになるのではないだろうか)。次回には、民主党は玉が不足気味になるのに対して、自民党は玉が過剰になるのである。幸いにも、次の衆議院選挙までは2年程度の期間がある。小沢氏の知識・手腕に期待する。
 私たち国民は、2大政党制を望むならば、政権担当能力のある野党を育てることに力を貸すべきである。この点は、前回の当ブログで述べた。
 私の身近なところでいえば、東京都選挙で自民党前職の保坂氏の落選は大きな意味を持つと思う。保坂氏は莫大な組織票に支えられていたはずである。この原因は、出口調査や期日前調査を詳細に分析すると判明すると思う。これらのデータが利用できないので、以下は私の推察である。私は保坂氏の落選は石原都知事と関連が深いと思う。石原氏は知名度抜群であるから、選挙では組織に頼らなくてもよい。このため、都政において組織に迎合するような予算配分をする必要がない。東京都には、数多くの地場産業があり、それぞれの組織がある。石原都政下では、これらの組織と自民党との間の距離が広がっていると思う。それゆえに、保坂氏の組織票にひび割れが起きていたのだと思う。

付記:「あたかも祭りの日のような」の表現はヘルダーリンの下記の詩からの引用である。
 「あたかも祝いの日の明けゆくとき・・・。熱気をはらんだ夜空から・・・清涼の稲妻がおくられ、その雷鳴はいまもなおはるかにひびいている。・・・」(手塚・浅井訳『ヘルダーリン全集2』河出書房、1967年)
 現在、午前11時半過ぎの東京は清涼な稲妻がとどろき、激しい雨が降り注いでいる。ヘルダーリンの世界にいるようである。

|

« 小沢民主党の勝利を | トップページ | アクセルの株価とパチンコ・パチスロ業界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/15946681

この記事へのトラックバック一覧です: あたかも祭りの日のような、民主党の大勝利:

» 参議院選挙を前にして [へのへのもへじの徒然日記]
今回は国民新党に注目している。小泉−安倍と続いている内閣によって、独立国となるべ [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 15時39分

« 小沢民主党の勝利を | トップページ | アクセルの株価とパチンコ・パチスロ業界 »