« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

今こそ憲法論議を

 テロ特措法をめぐる民主党小沢代表の見解などに端を発して憲法条文の解釈が脚光を浴びてきた。私は2年ほど前にも当ブログで「憲法改正と憲法の不完備性」を述べたが、それとも重複するが憲法について言及してみたい。憲法は大事なものであるから、今後も重複をいとわず何度でも述べるつもりである。もっとも大事だと思える点を3つ述べる。
 憲法はまず第一に現在生存している国民のためのものであるということを強調したい。ところが、国民の大半がこの憲法の制定に関与していないし、各条文に対して諾否の判定もしていない。私は、憲法は10年か20年に一度は国民に条文毎に「それでいいかどうか」の判定を仰ぐべきだと思う。この判定には記述方法も含む(その理由は、言葉というものが日々変化しているからである)。そして「追加すべき条文があるかどうか」も国民に問うべきであると思う。
 どこかの党が護憲などといっているが、宗教の教義と憲法を取り違えているのであろう。憲法は時代とともに、そして国民とともに変化、あるいは進化していかなければならないのである。
 第二は、憲法はそれ自体で完備していることが望ましいと思う。例えば第10条「日本国民たる用件は、法律でこれを定める」などの条文は書き換えるべきだと思う。普通の国民は、これをみてどの法律をみたらよいか分からないであろう。だから「日本国民たる用件は、国籍法でこれを定める」、あるいは「日本国民たる用件は、○○○である」と具体的に記述しなければならない。後者の方が望ましい。
 現状のような条文のばからしさの例として、例えば次のような仮想条文「天皇は、別途法律でこれを定める」を考えてみればよい。この不完備性については、前回のブログも参照。
 なお、このような悪しき条文であれば大掛かりな憲法改正の手続きが不要となる。例えば第9条「日本国民は、・・・武力による威嚇又は武力の行使は、別途にこれを定める」としておけば様々な論争を避けられる。極端ではあるが、「別途」を「防衛大臣がこれを定める」と解釈すれば、その場その場で海外派兵をしたりしないことができる。
 第三は、グローバルな時代なのだから日本国憲法も国際標準(グローバルスタンダード)に合わせていかなければならないと思う。日本だけの一国内平和主義はもはや成り立たない現実を直視すべきである。例えば9.11のテロやその他の国際的犯罪について、日本国民がどう立ち向かわなければならないか真剣に議論すべきである。海外での武力行使、あるいは海外での警察力行使をわが国だけが避けることはできないと思う。どこの国でも、その国民の血を国外で流したくないであろう。この点について、自衛権の行使などのつまらない条文解釈などはやめて、憲法を見直せばよい。
 これと関連するが、わが国は積極的に国際的な憲法・憲章の制定に関与すべきである。現在の国連憲章ではダメである。そして、この国際的な憲法・憲章と調和するような国内憲法が望ましいであろう。小沢氏や外務省などのいう国連中心主義はおかしいと思う。これについては近いうちに言及するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

パチンコ機メーカーの栄枯盛衰

 近年になってパチンコ機メーカーで勝ち組と負け組がはっきり表われだしている。ここ数年、保有株式評価のためにパチンコホールやインターネット関連サイトなどを調査してきた結論である。この点について言及してみたい。
 老舗メーカーといわれるSANKYOと平和は、ここ数年の間、さえない状況が続いている。これらは負け組である。今年になってSANKYOが「倖田來未」のヒットで一息ついた状況である。おそらくSANKYOは、このヒットで新世代パチンコ機のあるべき機能などを知ったものと思える(新世代パチンコ機については、5月11日の当ブログを参照)。だから、負け組から抜け出せるかもしれない。
 ここ10年間程は「海」、「わんわん」、「源さん」の三洋がダントツの勝ち組であった。ただし、三洋はこれまでの成功体験に酔いしれて新世代バチンコ機では遅れているようである。その証拠に、今年になって発売されている新型機の「海」、「わんわん」、「源さん」などは打っているお客は極めて少ないし、これらの人気は低い。三洋は、この不人気にお構いなしに新型機を発売し続けている。
 数年前から、特に「冬ソナ」発売以降の京楽は目覚しい販売状況である。今年になっても「仕事人」や「仮面ライダー」などのヒット機を販売している。それに続くのが、私のみるところ、「花の慶次」や「アンルイス」のニューギンである。この2つのメーカーの新型機は新世代パチンコ機として高い評価が与えられると思う。もちろん、ファンの人気も高い。これらのメーカーは近年の勝ち組である。
 来年以降のパチンコ機メーカーを予想すれば次のようになろう。京楽とニューギンは勝ち組に留まり続けるであろう。おそらく来年頃には、京楽がパチンコ機メーカーのトップに躍り出るであろう。SANKYOも勝ち組に近づくであろう。三洋は負け組に転落し、トップの地位から転落するであろう。平和は相変わらず負け組に留まり続けるであろう。
 なお、パチンコ・パチスロのファン離れがいわれて久しいが、その根拠として使われている『レジャー白書』の数字は信頼性に乏しい。例えば今年発表されたダイコクの『DK-SIS白書』によると、2006年のパーラーの粗利規模(通常いわれているパチンコ・パチスロの市場規模に相当する)は4.5兆円で、これはファン人口がピークだった95年と同規模であるという。昨年の後半には4号機のパチスロ「北斗の拳」と「吉宗」が撤去されていることも留意されたい。このダイコクの金額値は契約パーラー2420店舗からの推計値であるから、前記の『レジャー白書』よりもはるかに信頼性が高い。ダイコクの数字は私の実態調査から得た感じにも近い。昨年頃から、改正遊技機規則の影響でパチスロは不振である。しかしパチンコは好況である。特に高齢者のファンが増えている。早い時間帯からパチンコを打っている高齢者夫妻はもはや珍しい光景ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年10月 1日 (月)

中国経済発展プロセス、仮説

 中国経済の発展プロセスを簡単なモデルを用いて考えてみたい。
 国内総生産(GDP)Gはi産業の1人当たりの付加価値Viと就業者数Liの積和で示される。つまり下記のとおりである。以下、集計記号Σはすべての産業でのそれである。
    G = ΣViLi
ここに、1人当たりの付加価値Viはイノベーション(広い意味の革新・技術進歩)Ti、資本Ki、就業者数Liの関数であると仮定する。つまり
    Vi = Fi(Ti,Ki,Li)
である。
 以上より、GDPの年々の増加・減少額dGは下記のように3つの部分に分割される。用いられる活字の関係で、通常の記述とは少し変更している。
    dG = ΣLiAidT +ΣLiBidKi + Σ(LiCi + Vi)dLi
      = [イノベーションによる部分] +  [資本増加による部分]
                      + [就業構造変動による部分] 
ここに、AiはViに対するTiの偏微分係数であり正値をとる。BiはViに対するKiの偏微分係数であり正値をとる(資本装備率が高まることによる)。CiはViに対するLiの偏微分係数であり、中国の場合は負値をとるであろう(例えば1人当たりの付加価値の高い産業への就業者増加により過当競争となり、結果としてViが低下する)。
 上記の就業構造の変動による部分では、これからしばらくの期間では就業者総数はほぼ一定であろうと仮定できる。そうすると、この部分は就業者が付加価値の高い産業に移動することによるGDPの変動を表す。上記のようにCiがマイナスだから、これによるGDPの増加は逓減していくであろう。
 私のみる中国経済の発展プロセスの過去と未来は次の通りである。
◎ 1990年代
 [就業構造変動による部分]が主であった。好調に推移した。
◎ 2000年代
 GDPの増加の主体が[就業構造変動による部分]から[資本増加による部分] に徐々に移行するであろう。比較的順調に推移するであろう。
◎ 2010年代
 GDPの増加の主体が[資本増加による部分]から[イノベーションによる部分] に徐々に移行するであろう。成長に疑問符がつけられるであろう。

 企業や組織におけるイノベーションはどちらかというとトップダウンというよりもボトムアップに依存する。それゆえに、「イノベーションによる経済成長」は指令型の社会主義経済におけるアキレス腱である。もちろん中国経済にとってもアキレス腱である。私のみるところ中国経済は2010年ごろから停滞へと向かい始める。
 上記の点については、過去のブログ『不破哲三氏とマルクス主義(06年1月21日)』も参照。また中国経済の今後を考えるために、そこで紹介した不破氏の「レーニンと市場経済?中国社会科学院での学術講演?」も参照。特に、この講演は中国経済の進路を考える上で優れている。今年の初め頃、中国社会科学院の何人かが訪日して不破氏と討論しているところからみると、この講演は中国の指導層にそれなりのインパクトを与えたようである。この文献は非共産党員にはなじみがないので、再述しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »