« アクセルの業績とLED制御素子の怪 | トップページ | 胃がん、大腸がん検査などの健診への不満 »

2007年11月17日 (土)

パチンコキメーカー京楽の躍進

 パチンコ機メーカー京楽(非上場)の売上高が急速に増加している。最近になってわかった京楽の最新の年間売上高を過去のそれとともに示すと次のようになる。単位は10億円。参考のため、老舗のSANKYOの年間売上高・同見込みをカッコ内に記載しておく。
    2005年6月期・・・ 45.2 (2006年3月期・・・214.5)
    2006年6月期・・・101.5 (2007年3月期・・・197.7)
    2007年6月期・・・273.1 (2008年3月期・・・240.0)
私は当ブログ(10月13日)で、京楽はパチンコ機メーカーの勝ち組で来年頃にはトツプに躍り出るであろうと予測した。その予測の確度は、今回の会社発表の数値でより高められたと思う。
 私は遊技機規則改正がパチンコにはプラスで、パチスロにはマイナスであるとも述べてきたが、京楽の売上高はその見方を裏付けていると思う。またSANKYOの今中間決算での発表文では、下期にかなり強気のパチンコ機販売目標をかかげているが、それは新型の新世代パチンコ機次第で達成できるであろう。京楽やニューギンが先行している新世代パチンコ機がこれから市場により多く投入されるようになれば、パチンコホールはより活況となろう。
 それにしてもパチスロ市場は悲惨すぎる。パチスロ業界のドンが『現行規則内における解釈基準の変更を当局に求めていく』と発言しているほどである。パチスロホールの状況を観察していると、この発言もやむをえないと思う。おそらく警察当局も、自分たちの利権が縮小する状況を見過ごすことができないだろうから、近いうちに新基準の5号機が発売されるようになろう。

|

« アクセルの業績とLED制御素子の怪 | トップページ | 胃がん、大腸がん検査などの健診への不満 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/17098287

この記事へのトラックバック一覧です: パチンコキメーカー京楽の躍進:

« アクセルの業績とLED制御素子の怪 | トップページ | 胃がん、大腸がん検査などの健診への不満 »