« パチンコキメーカー京楽の躍進 | トップページ | 居眠り磐根、江戸双紙を読む »

2007年12月 1日 (土)

胃がん、大腸がん検査などの健診への不満

 世田谷区の基本健康診査で、無料の胃がん検査と大腸がん検査がある。前者はX線検査で、後者は採便後に郵送して検査するものである。これらは、無料であるからなのか、あるいは担当当局の責任逃れのためなのか、5年程度検査が継続すると、その後に必ず「疑わしいです。適当な医療機関で詳細な検査を受けてください。」という結果を得る。そして詳細な検査を受けると「正常です」という結果を得る。
 初めて「疑わしいです」という結果を受けた時、私はかなり驚いた。そしてすぐに詳しい検査を受けた。初めの結果を受けてから詳細な検査結果を受け取るまでの期間は不安な日々であった。おそらく普通の人なら同様な経験をするであろう。また私と同じ経験をした人も多いであろう。
 世田谷区担当者や関係者に声を大にしていいたい。健康診査を受ける区民に対して、どうしていらざる不安を与えるのであろうか。「疑わしい」という通知が受信者に与える影響に思いが及ばないのであろうか。このような姑息な手段を用いないで、「5年程度に1回位は有料となる詳細検査を受けてください」といえないのであろうか。反省して出直してほしい。(反省するだけなら、次郎もできる。)
 さらに、この無料の基本健康診査を実施する医療機関にも一言。医療機関に高額な医療器械などが導入されて間もない期間に受診してもらう時はほとんどいつも「○○がおかしい。有料の詳細検査をしませんか。」という医師の言葉がある。もちろん、その検査にはその高額の医療器械を用いる。こうすれば、高額の医療器械の回転率も上がり、そしてそれなりの料金も得られる。医療機関の医師の心根はイヤシイのである。私も、初めの頃は数回、このカモにされていた。今は、このような状況に遭遇すると不満を顔に表し『次の機会にお願いします』という。さらに、念には念を入れるつもりで、医療機関を2年か3年程度で変えている。その変えていることも医師に伝える。このように伝えると、不要な有料検査を受けないですむことが多いようである。
 世田谷区はこの基本健康診査を実施する医療機関に受信者1人当たり○○円という適正な費用を支払っていると思う。上記の場面に遭遇すると、「世田谷区は費用を値切っているから受診する区民に負担が転嫁されている」と思いたくなる。私は国民健康保険であるから、追加医療費の大部分は世田谷区が負担しなければならなくなる。世田谷区は、このような追加検査した人について調査すべきである。そして、不適切な医療機関を見つけたなら摘発するなり、区民に告知すべきであろう
 もっと卑しい医療機関になると、健康診査後に「○○に問題があるようですので、近いうちに受診に来てください」と事務職員から何度も電話で催促される。もちろん、私はこれを無視している。しかし、一部の人はカモにされているであろう。

|

« パチンコキメーカー京楽の躍進 | トップページ | 居眠り磐根、江戸双紙を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/17241245

この記事へのトラックバック一覧です: 胃がん、大腸がん検査などの健診への不満:

» 体内メーカー [体内メーカー]
脳内メーカーの体内版、体内メーカーに挑戦してみましょう! [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 16時45分

« パチンコキメーカー京楽の躍進 | トップページ | 居眠り磐根、江戸双紙を読む »