« パチンコ市場とアクセルの株価の動向 | トップページ | 翻訳というおかしな言葉 »

2008年3月29日 (土)

スマートフォンの入力機構の改良

 携帯のスマートフォンはウインドウズ・モバイルが搭載されていて電子手帳としても利用できるので、大変便利な電話である。これらのうち、キーボードが付いているものはウイルコムとソフトバンクの2社で使える。前者はシャープ製で、後者は東芝製である。両者のものはPHSか通常の携帯かという以外はそう大きな違いはない。これらの製品はキーボード付きが売り物のようであるが、それに異論がある。以下、それについて述べる。(なお、ウインドウズ・モバイルによるワードやエクセルなどの便利な機能については触れないことにする。)
 まず、キーボードが小さすぎる。通常の大人の指では入力するのに苦労する。3月28日の日経新聞のシャープの広告では「長文メールを続けざまに打っても、キーボード両手打ちだと疲れませんね」と記載されているが、このように両手打ちできるのは小学生くらいの子供だけではないだろうか。私は入力する時はほとんどキーボードを使わない、むしろ使えないといった方がよい。
 キーボードを使わない場合は、入力パネルを用いて、スタイラス(爪楊枝を大きくしたような棒)で入力する。この入力パネルがまた小さくて、スタイラスで所要の文字・記号にタッチするのに苦労する。なお私は電子手帳を使用していたので、スタイラスの使用に慣れているにもかかわらずである。
 そこで、私なりのスマートフォン入力機構の改良を提案したい。
 キーボードを取り付けるならば、せめて電子辞書なみの大きさのものにすべきである。それならば、たいていの人も打てるはずである。ただし、携帯そのものがやや大きくなるであろう。小さいキーボードの不便さと、携帯の大きさの欠点のどちらかの選択となる。
 もうひとつの提案はキーボードを取り付けないで、入力パネルのみとするものである。この場合も、入力パネルを大きくしなければならない。そのためには、任天堂DSのように2つの画面を装着し、一方の全面に入力パネルが表われるようにすればよい。もちろん入力パネルを利用しない時には、その画面を別の用途に利用すればよい。こちらの場合は、大きさはそう大きくはならないであろう。
 私のおすすめは後者の改良である。シャープさん、東芝さん、どうですか。技術的には困難はないと思いますが。

追記:東芝製X01Tのスタイラスは構造上の欠陥がある。この頭部に、本体との着脱を容易にするために合成樹脂状の物が取り付けられている。この頭部は先端部の針金状の金属に接着剤のようなもので取り付けられている。その接着部が簡単に折れる、ないしは分離するという欠陥がある。着脱時には頭部にはそれなりの力がかかるから、このようなことは当然起こりうる。だから、頭部の中心部分も先端部と一体となる針金状の金属が貫通していなければならない。こんな単純なことが見過ごされているようでは東芝の未来は暗い。

|

« パチンコ市場とアクセルの株価の動向 | トップページ | 翻訳というおかしな言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/40676922

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンの入力機構の改良:

« パチンコ市場とアクセルの株価の動向 | トップページ | 翻訳というおかしな言葉 »