« 水着の自由選択化に反対 | トップページ | パチンコ・パチスロ市場の下半期展望 »

2008年6月29日 (日)

ウナギやの怪、偽装か

 中国産ウナギの偽装問題が発覚した。愛知県一色町産ラベルを用いて、販売していたという。近所のウナギやも怪しい。
 このウナギやは3年ほど前にできたもので、とにかく安いウナギを提供している。例えば「うな丼ダブル(ウナギが2枚、ご飯の中ほどと上にある)」で1400円である。味はそこそこで、当初はどうしてこんなに安いのかと思っていた。普通のウナギやでは、その1.5倍程度の価格となろう。それで少し観察を続けていて分かったことがある。
 この店では、ウナギを割いているところは見たこともないし、その施設もない。店では、ほぼ出来上がった蒲焼にたれをつけて再度焼いてお客に出すだけである。店主いわく「他のところでウナギを割いて、下ごしらえまでやっている」。この言葉にウソはないかもしれない。私の見たところ、この店では「中国で割いて蒲焼状に焼いた上で冷凍出荷したもの」を利用しているはずである。ちょうどスーパーなどで販売している蒲焼と同じものである。ただし店主のいう「他のところ」はなんとなく「東京都内の当店の別の作業所」を示唆している。
 さらに偽装らしいものがある。店内に貼られているポスターである。そこには「愛知県一色産蒲焼」と書かれている。まさか愛知県一色産のウナギが中国で蒲焼にされ国内に戻されていることはないであろう。
 このような形態をとるウナギやは多いのではないであろうか。何せ簡単にうな丼やうな重が提供できるのである。おそらく儲けもそこそこあるはずである。
 私は、キョウザ事件以来、そこの店には近づかないようにしている。衛生面や安全面さえしっかりしていれば中国産でもなんらの問題はない。ギョウザ事件がうやむやに収束したことから、この面でも不安は解消されていない。ギョウザ事件をうやむやに収束させたことのツケを国内業者は今頃支払っているが、中国政府は気づいていないのであろう。
 このギョウザ事件の影響もあり、前記のウナギやは正しい表示を示しづらくなっている。そのうちに、顧客も商売の内情に通じてくるから、このウナギやは苦境に立たされるであろう。

|

« 水着の自由選択化に反対 | トップページ | パチンコ・パチスロ市場の下半期展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/41679857

この記事へのトラックバック一覧です: ウナギやの怪、偽装か:

« 水着の自由選択化に反対 | トップページ | パチンコ・パチスロ市場の下半期展望 »