« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月18日 (日)

誤記ぶりに驚く翻訳書

 あまりのゴキブリ(誤記ぶり)に驚く翻訳書がある。怒りを込めて、それを告発する。それは好田順治監修、久保儀明訳、ポール・J・ナーイン著『虚数の話』青土社発行、2008年である。今時には極めて珍しいことではあるが、この本には正誤表が付いているのである。その数たるや80個以上もある(あまりにも多いので、数は数えていません)。これだけ多くの正誤表をつける図書を発売する出版社、訳者、監修者とはどのような会社・人なのであろうか。「恥を知れ」といいたい。本書の買い手が、それを訂正する手間たるや大変なものである。この正誤表に最初から気が付いていたら、おそらく本書は買わなかったであろう。
 本書の内容はとてもすばらしい。多少なりとも数学の神秘性に興味のある人には推薦できる内容である。そんな書の原著者にも失礼であろう。それだけに、「出版社、訳者、監修者のゴギブリヤロウ」と叫びたい。多分、正誤表が必要となった原因のほとんどがこの後者の2人にあるのではないか。
 さらに言えば、訳者と監修者は数学の知識が少し不足しているようである。例えば下記のような翻訳書の誤りがある。
  111頁最終行の訂正式Z(n-1)はz(-n)となる。カツコ内は上添え字。
  121頁訂正式の後の「つまり」の後の式に、「パイ=」が必要。パイはギリシャ文字。
  その他にもある。
こんな誤りは、数学が知らない人が犯すものである。
 本書を全部読み進むと、さらに驚くべきことがわかる。本書は新訳版なのである。前訳版は監修者の訳で出版されているようである(2000年好田名の「訳者あとがき」がある)。新訳版の訳者(久保)あとがきには、訳者の数学的素養の欠如が明記されている。これらはどのように理解すべきなのであろうか。素直に理解すれば、「前訳があまりにもひどいので、新訳となる改訂版を出版した」、「だか、新訳者を早期に決めたので、その数学的素養には配慮が不足していた」となろう。それが前述の有様となったのであろう。出版社やその担当者は職業倫理が欠如している。
 出版社に注文する。ちゃんと訂正したものを再度発売すべきである(正しくは、ちゃんと再訂正したものを再再度発売?となる)。その際は、訳者と監修者を替えた法がよい。現状では、本書を手に取る人は少ないであろう。よい本を、このような形でうずもれさせてはならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »