« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月25日 (木)

そのまんま宮崎で

 自民党の古賀選挙対策委員長が宮崎県の東国原知事に次期衆議院選挙への出馬を要請した。その時の知事側が出した条件「自分を自民党総裁候補とする」が波紋を呼んでいる。東国原知事は次の選挙で「次期総裁候補」として当選した後に、自民党が正式に自身を総裁に選ぶように求めたようである(以上、6月24日朝日新聞)。
 これは大変な要求である。連立与党が次の選挙で過半数を占めれば東国原氏は総理大臣に就任するということである。わが国の最高権力を選挙の出馬条件にするとは、私には想像もできない話である。吉本のお笑いタレントが舞台でやる漫才を見ているようである。 テレビで見ると、本人は本気のようであるが、おそらく東国原知事の本音は当選後の大臣就任であろう。それにしても、である。
 まだ知事に就任して一期目も全うしていないのである。これまでのところ、東国原知事は宮崎県のセールスマンとしては優秀であり、県産品のセールスにかなりの努力をしてきたと評価できる。それだけではないのかな。テレビに出ずっぱりの知事という印象しかない。それでも、滞りなく県政が行われてきたというならば、本人の力量とは関係なく、回りの役人の力によるところが大きかったはずである。(わが国では、おしなべて官僚たちが優秀であるから、ボンクラな長をいただいても行政は滞りなくすすむ。)
 私は東国原知事に言いたい。『そのまんま宮崎県にいてください、そして、もっと地元で地道に県政に励んでください。』東京に来て、テレビに出るのもほどほどにしてください。そして、少なくとも知事として一期目を終えられたら、その時点で「その後」を考えてください。総理を目指すのもよいでしょう。ついでにいうと、総理大臣などの最高権力は戦って取るものです。人から与えられるものではないはずです。
 もう一度いいます。『そのまんま宮崎県で。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »