« 二律背反、それへの対処が政治だ | トップページ | 普天間問題の解決策・私案 »

2010年5月19日 (水)

普天間問題にみる戦略的思考の欠如

 米軍普天間飛行場移設問題をみていると、総理大臣周辺や関係省庁、あるいは民主党内で戦略的思考(あるいは参謀的思考)が出来る人が存在していないようである。おそらく小沢氏はこれが出来るが、氏はこれを選挙や政局にしか用いていないようである。
 まず後味の悪い戦略的思考例を示しておく。越後屋のようだと批判されそうである(善良な越後屋さん、ごめんなさい)。昨年の末頃に、農水省の高官に『サトウキビは選択と集中によって国際競争力をつける』と発言させるのである。以下、『何時までもサトウキビを無原則的に保護することは、国際的に許される時代ではない。この生産を一部の島嶼に限定し、そこへ国家の補助を集中し生産性を高め、国際競争力を高める。それ以外の島嶼への補助金などは段階的に削減し、最終的にはゼロとする。どこの島嶼のサトウキビを選択するかは、これから様々な観点から検討する。国民の理解を得るためには、何らかの形で国益に貢献しているかという観点も考慮する。例えば、200海里という経済的水域拡大に貢献しているかなど(ここで、わが国の安全保障上への貢献をそれとなくにおわす)。』などと続く。そうなれば、飛行場を持つ沖縄県の島嶼や徳之島はどう反応するであろうか。ついでに防衛省などの高官にも米国にも一言『国内では自衛隊基地は歓迎されているのに、米軍基地は歓迎されないのはどうしてなのか勉強してみたい』といわせる。
 現時点での戦略的思考の一例も示しておく。米軍の沖縄の基地は冷戦下でのそれからほとんど変わっていない。ソビエトへの潜在的脅威は減少し、それに変わる新しい脅威への対応が米軍基地に求められている。例えば嘉手納飛行場である。新しい脅威から比較的近いところに巨大な飛行場が必要か。もつとはなれた距離、つまり嘉手納でない方がよいのではないか。東アジアの安全確保であれば、フィリピン、台湾、韓国などにも沖縄基地の一部機能やその費用を分担してもらうことも検討すべきである。
 特にフィリピンである。ここは2つの米軍基地が撤去され、対中国との観点から同国内では安全保障などの面で不安が増大している。同国内では、米軍のプレゼンスへの期待が高まっているのである。2つの基地の撤去の大きな理由は金銭問題であったという。フィリピンの『基地使用料をもっと出せ』に対して、米軍は『そんなに出せない。逆にミカジメ料を負担してもらいたいくらいだ』と反論した。そこに、わが国の出番がある。沖縄の海兵隊を含めた4軍のうちの一部の基地をフィリピンに移設するのである。(その跡地に普天間を移設できる。) その基地使用料はわが国が負担し、米軍のミカジメ料も負担していい。現在の基地地主への地代や思いやり予算をそのままフィリピンや米軍に支払うのである。もちろん、これらへの一部の上乗せも必要であろう。フィリピンに支払う基地使用料はODAなどの名目で同国内のインフラ整備への補助とし、その整備にはわが国の企業を関わらせればよい。そうすると、わが国の実質的な基地使用料負担はそんなに高くはならないであろう。
 いずれにしても、沖縄の海兵隊を含めた4軍基地の再編を東アジアの中で考えるのである。もちろん米軍や関係各国との協議も必要となる。

|

« 二律背反、それへの対処が政治だ | トップページ | 普天間問題の解決策・私案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/48399846

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題にみる戦略的思考の欠如:

« 二律背反、それへの対処が政治だ | トップページ | 普天間問題の解決策・私案 »