« 創作漢字・韓字 | トップページ | ハタ迷惑とは、朝日新聞の良識の欠如 »

2012年5月29日 (火)

馬鹿な上司の発言「情報が上がってこない」

 馬鹿な上司ほど、「情報が下から上がってこない」という。菅前総理の昨日(5月28日)の国会・原子力事故調での弁明もその例である。福島第1原発の視察の必要性の理由として、前総理は原子力安全・保安院や原子力安全委員会、東電から「原子炉の状況や打つべき対策など根本的な状況の説明はなかった」ことをあげ、「的確な情報が上がっていれば必要性は少なかった」と述べている(以上、29日の朝日新聞と日本経済新聞の朝刊による)。ここで大事なことは、前総理は「○○の情報をくれ」や「△△はどうなっているのか」と、それこそ的確な情報の指摘や適切な質問を相手にしたかということである。
 例えば原子力安全・保安院の担当者(以下、保安院)の立場から考える。保安院からみると、前総理の原子力発電に対する知識のレベルが全く不明なのである。この時、どういう説明から始めたらよいか分からないはずである。時間的に余裕がなかったあの場合、保安院はとりあえず前総理の知識レベルを知ろうとして、沈黙して相手の発言を聞こうとするのではないだろうか。
 東電側にしても、福島原発の情報は一杯あるのである。総理に一番先に報告すべき情報が何かが東電側が知っているとは思えない。行政の仕組み、総理の権限に対して、東電は十分な知識がないのである。
 具体的に情報を示して、それをくれと指示しなければ「的確な情報は下から上がってこない」のである。極端な例を示しておこう。総理が総務省統計局に「情報をくれ」と指示した場合、膨大な統計情報を持つ統計局はどう対応したらよいが分からないであろう。それで、適当に判断してかなり多めの情報を提供するかもしれない。その際に、総理は「的確な情報が上がらない」と嘆くのだろうか。
 菅前総理の逃げの弁明は、前官房長官の枝野氏にもみられる。「的確な情報が上がってこない」理由は自分の知識不足にその原因があるのである。例えば枝野氏は「○○のモニターの放射能は△△シーベルト」などと、東電などからの情報をそのまま国民に発信していた。この際、モニター、特に屋外のそれが正常に機能していたのかどうか考えたことはなかったはずである。ハイパーレスキュー隊が福島原発敷地に入った時、彼らは初めてガレキを目にしたのである(そのガレキの存在を彼らは知らなかったから、原発側も知らなかったはずである)。ガレキの存在から、枝野氏が「屋外のモニターは破損しているのではないか」と連想したとは思えないが。連想したならば、あの自信たっぷりの発言はないはずである。ついでに言うと、レスキュー隊が入った深夜に、東電側から施設の説明役として1人が防護服を着て屋外に出た。その1人が、事務職の女性であったという事実が後から新聞で報じられた。この持つ意味、東電の不適切さを枝野氏は分かるのだろうか。
 政権交代に一票を投じた1人の人間として、民主党員、特に大臣に言いたい。もっと勉強して、役人から「的確な情報」を得てください。知識不足の大臣だから、役人の手玉に取られているのです。

|

« 創作漢字・韓字 | トップページ | ハタ迷惑とは、朝日新聞の良識の欠如 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/54827119

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿な上司の発言「情報が上がってこない」:

« 創作漢字・韓字 | トップページ | ハタ迷惑とは、朝日新聞の良識の欠如 »