« 狼おじさんの夏、死者32万人の想定内 | トップページ | 貿易赤字と日本再生戦略 »

2012年9月29日 (土)

家計牛肉需要に与えたO157とBSEのマイナス効果

 O157(腸管出血性大腸菌)とBSE(牛海綿状脳症)は我が国の家庭における牛肉需要を大きく縮減したようである。そこで、総務省『家計調査年報』から得られる1人当たりの年々の需要量(農林漁家世帯を除いた全世帯の値)を用いて推計した結果の概要を述べておこう。
 これらの縮減量の推計モデルはpiecewise linear regressionの方法に準拠している。分析においてはタイムトレンドを工夫したことにより、O157とBSE毎に同時に定数項とタイムトレンドの回帰係数を変化させることができた。推計方法も含めた詳細な結果については、要求があれば送信します。コメント欄にその旨を記し、アドレスも付記しておいてください。
 O157は1996年5月に岡山県で発生し、BSEは2001年9月に千葉県で確認され、更に2003年12月に米国で確認されている。ここではO157の効果は2001年まで表れているものと想定した(2002年以降はBSEの効果と分離することができなかった)。
 以下では、需要縮減量と同割合を示す。割合は、これらの効果がなかったと仮定したときの需要理論値に対する縮減量の値である。この割合はカッコ内に示す。単位は縮減量が1人当たりのグラム、割合が%である。
◎O157のマイナス効果
 発生年である1996年で301グラム(8.5)、1997年で206グラム(5.9)、1998年で179グラム(5.3)などとなり、2001年には165グラム(6.1)の縮減量となる。ただし、2001年の理論値はBSEも発生していないと仮定した値である。
 O157のマイナス効果は、おそらく2002年ごろに収束したと考えられる。
◎BSEのマイナス効果
 発生年である2001年の縮減量は431グラム(14.6)となるが、年次の後半に発生したことから考えるとこの量は多い。翌2002年では742グラム(24.0)と極めて大きな縮減量となる。また米国での発生確認・輸入差し止めの影響が出た2004年で550グラム(20.1)の縮減となっている。2006年以降は2011年まで250グラム前後の需要縮減で推移している。
 BSEのマイナス効果は分析の最終年である2011年でも観測されている。このマイナス効果は、今後も年間250グラム前後で継続していくであろう。

|

« 狼おじさんの夏、死者32万人の想定内 | トップページ | 貿易赤字と日本再生戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110055/55771496

この記事へのトラックバック一覧です: 家計牛肉需要に与えたO157とBSEのマイナス効果:

« 狼おじさんの夏、死者32万人の想定内 | トップページ | 貿易赤字と日本再生戦略 »